V9.5 で新しく追加した機能
多数個取りの改良を行いました

● 個別の曲面を半透明表示出来るようにしました
  曲面のプロパティーで不透明度を設定  

● 多数個取り設定したときのCLを描画するようにしました。
● 特定の工程を全体多数個から除外出来るようにしました。
● 部分多数個の以前のバージョンでは原点を合わせる必要が有りましたが
  見た目のままで作成できるようにしました。(旧バージョン互換設定有り)
  

● 旋盤 グループの部分選択を追加しました。
      CAD側表示をZXに変わるようにしました。
      ドリル加工に固定サイクルを追加しました。

● ヘリカル加工にアプローチ進入角度を追加しました。

●NcGT 挿入モード・カットアンドペースト・ファイル取り込み機能を追加しました。
       補助計算機能を追加しました。
       (ドリル深さ・面取り(先端・肩)・三角関数・円周計算)
 

   島をオフセットする(標準)               島をオフセットしない(追加機能)

※ 島同士のオフセット量より狭い場合では島をオフセットしない方がパス効率が良い
   場合があるので設定で切り替えられるようにしました

● チェックシェーディング中も半透明表示は有効です
  エラーを含む曲面の赤色表示は通常表示なので隠れた形状の確認が
  容易です  

内領域加工 島をオフセットしないモードを追加しました

● 通常モデルを一時的に半透明で表示する機能を追加しました
  シェーディング表示中に10段階で半透明表示に切り替えます
  [CTRL]と[-]キーを同時に押すと通常表示から半透明表示へ
  [CTRL]と[+]キーを同時に押すと半透明表示から通常表示へ
  ※シェーディング終了で半透明表示は解除されます
  ※プロパティーで設定した不透明度は一時的に無効になります
  

半透明シェーディング機能を追加しました

.

その他

.